福岡県知事許可(特-23) 第77317号

改良土特徴

logo-s 改良土の特徴

  • 生石灰を使用しています
  • セメント系固化剤は使用しておらず、再掘削が可能です
  • 含水比の低下により作業性が向上します
  • アルカリ性を示すため雑草が生えにくくなります
  • 十分な締め固め施工が可能です
  • 酸性土壌を中和します

 

logo-s 生石灰混合による4つの化学反応

水和反応 生石灰と土中の水が反応し、消石灰になります。その際発生する反応熱により水の蒸発が促進され、含水比がさがります。
イオン交換反応 生石灰のカルシウムイオンが粘土表面に吸着することにより、粘土粒子が団粒化して土を締め固めやすくします。
炭酸化反応 生石灰の一部が土中に含まれる炭酸または炭酸ガスと反応して、炭酸カルシウムとなり土の強度を増大させます。
ポゾラン反応 生石灰と土中の粘土鉱物が長期にわたり化学反応を起こし、アルミン酸カルシウム等の化合物が生成されます。これが結合材となり土が固化し、強度・耐久性が発揮されます。

お気軽にお問い合わせください TEL 0944-32-8222(改良土施設) 受付時間 8:00 - 17:00 [ 日曜休日 ]日曜日および夜間作業にも対応

PAGETOP